大会長挨拶

大会長 金子 重紀

次代を担う子どもたちに対する虐待は、心身の成長及び人格の形成に深刻 な影響を与える重大な人権侵害であり、我が国の将来にも影響を及ぼす大き な問題として、社会全体が一丸となって取り組む必要があります。

このたび、平成29年第23回学術集会を、千葉県で初めて実施すること といたしました。ちば大会では、「すべては子どもの笑顔のために~守り・育み・社会へ~」を テーマに、特別講演、国際プログラムをはじめ、大会プログラム委員会が企画する大会企画シン ポジウムなどの充実したプログラムを企画しております。

当学術集会の開催は、関係者の緊密なネットワークの構築、最先端の研究成果に触れることに よる専門職等の資質向上、意識啓発等、子どもの虐待防止に資する大きな成果が見込まれる貴重 な機会となるものであり、また、全国の取り組みが一層充実されるものとなるよう、提言を全国 に発信していきたいと考えております。

千葉で皆様にお目にかかれますことを楽しみに、お待ち申し上げます。

大会長 金子 重紀
(千葉明徳短期大学学長 弁護士)

Return Top